ブリティッシュショートヘアの女子ふたり日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

iPhoneよりテスト


いきなり出された自作の謎おもちゃに困惑するこはる。
絵面がクリスマスっぽいですが本日は35度越えの猛暑日でした。
余計なお世話
立春もとっくに過ぎたというのに今年は全く暖かくならない。

ペット用ヒーターを入れているとはいえ身体の上半分は寒いだろう、と
気を利かせてみたところ



目を合わせてくれないんですけど。




隠れて見えなかったけれど、きっと毛布の下では
猛烈な勢いでしっぽをパタパタしていたに違いないであろうこの顔。


そこまで恨まなくても…
美味いのか?
先日のデータ救出、近々のデスクトップ上の物はダメでしたが
なんとか2010年度のデータは取り出す事が出来ました。
ご心配ありがとうございました。

復旧業者に10枚単位の諭吉を払う事も一瞬頭をよぎった・・・
危なかったー




またもや先日の撮影時の画像を引っ張りますが
こはるは角の部分に顔をこすりつける事が大好き。



壁、柱、ありとあらゆる尖った所に匂い付けをします。


普通の猫さんもある程度すり〜んとするとは思うのですが
彼女の場合は尋常じゃない。

こすりつけるだけでは物足りず・・・







舐める。
ひたすら舐める。

しかも自分が納得いくまでエンドレス。






ネコは、自分の身体に付いた匂いを舐めとるという。



自分の匂いを付け、舐めてまた消す。

そ れ に は、意 味 が あ る の か。
模範的な寝姿
台風の合間、もう9月だというのにまた気温が上がったある日の午後。


布団の中からこんにちは。
どうも、こはるです。




ちなみに引いて見るとこんな感じ。


お行儀のいいこと。




我が家の猫達は猫砂梱包用の茶紙の袋が大好き。

乗っても良し、入っても良し。
貧乏臭さ丸出しですが中々捨てられないのです。


それにしても このクソ暑いのになぜキミは保温性ばっちりの空間に居るのかね?




・・・どうでもいいみたいです。



調子に乗って枕を入れてあげたら
ウザいからどっか行け的な顔をされた。







ちなみにその時すみれは何をしていたかというと・・・


カメラの背面液晶に反射した光にご執心。


気づいたこはるも出て来て天井をガン見。




残念、布団で寝てる様が可愛かったんだけどなあ。

まあでも、ぽかーんと天井を眺めているアホ面も大好きなので
良しとしましょうかね。
魔法の布
ご無沙汰しております。

いや〜それにしても寒いですねえ。
明日明後日は東京にも雪がつもるとの事。
ちゃんと出勤出来るか不安ですが、猫達に雪を見せたいなーと
ちょっとだけワクワクしている静岡出身のぼっくりです。
(豪雪地帯の方、すいません・・・)



この寒さで、最近猫達も布団の中に入って来るようになりました。



正しくは、布団カバーの中 ですが。


我が家のカバーはファスナーではなく、切れ目から布団を入れるタイプ。
セッティングすると大体どちらか潜り込んでいるのです。


ちなみに上の方では、熱心な布団監視員が目を光らせている模様w



引き続き中を覗いてみましょう。
人間もカバーの中に潜り、潜入取材開始です。


おおー、まんまるお目目でイイ感じじゃないですか。

ちょっとすいませんねー 
撮らせていただきますよ☆


よくよく見ると、瞳の中に水玉模様。


そしてカメラを構える私の姿。

‥‥(*´艸`*)






写真を撮りながら一人ニヤニヤしていたのですけれども
そこはぼっくり家、そんな素敵な時間は長く続くはずがなかった。



もぞもぞと動く謎の物体にしびれを切らしダイブ、
逆に「シャー!!!」と反撃され、イカ耳で退散する布団監視員。
滅多に撮れないこはるのカメラ目線撮影タイムが台無しさ。







あれほどカメラ嫌いなこはるが
大人しく黒目ばっちり写真を撮らせてくれる魔法の布、

それが布団カバー。


しかし、それは同時にすみれにとって
同居猫と人間が獲物に変身した!
という事を意味するのだった・・・
おっさん女子?
またもやお久しぶりです。


1月6日、こはるが我が家に来て4年が経ちました。

そのプレゼントと言ってはなんですが、
年末に行ったCat Vacationで購入したトンボさんおもちゃで遊ぶこはるの様子でも・・・
(既にボロボロですが)


咥えたら離しません。
いつものっそりしてるけど、こういう所はやっぱ『猫』だなーと思いますね。


いや・・・

違うな・・・



やっぱ

おっさんだな・・・





ちなみにこれは我が家に来た頃の写真。


既に2ヶ月半のこの頃から
『人くさい猫』としての風格を漂わせていました。
少なくとも"子猫チャン" ではなかった・・・



なんか見てたら無性に温泉行きたくなってきたぞ。










そうそう、最近全然ブログを更新してなかったら、いつのまにかJUGEMの仕様変更で
記事の下の方にソーシャルボタンが出るようになってました。
(設定変更で数日間の幻と化しましたが)

Twitter → 実は去年からずっとやるやる詐欺。
mixi → 4年程前に招待を断ったのをきっかけに、そのまま現在へ。
Facebook → "ぼっくり" でいいです・・・



そんな 
時代に一歩乗り遅れているワタクシですが



カメラ&レンズ、買いましたー


元になる機種の発売は結構前なので、やっぱり二歩くらいは遅れているのですけれども
レンズはさらに『なぜに今?』的なのをあえて選択。

多分・・・五歩以上後退してるんじゃないでしょうかね(^_^;A






ちなみに時間がなくてまだ2回くらいしか触れてません・・・
全く設定がわかりませぬ。

徐々に覚えて行こうと思いますので、当分はおかしな写真の量産になると思われますw
よろしくお願いしますー
コヅラ
10月ももう半ばに差し掛かろうというのに
半袖で大丈夫なのってどうなんだろう・・・っていうような変な気温ですね。

先日猫ベッドを秋冬仕様にしたのですが、
ここ連日の猫達の伸び具合を見てると、まだ冷え冷えボードを出しといても全然使いそうな勢い。
うーん、しまうのちょっと早まったかな?


これはちょっと前の写真なんですが


こはるの大好き(?)なヒツジちゃん。


それこそウチに来た幼少時からの大事な戦友です。



まだすみれが居なかった一人っ子時代、
"一匹だけの場合、飼い主が『けんかごっこ』をしてあげると良いでしょう"
という育猫書の教えを忠実に守り、毎回これでガブガブ対戦をしてあげていました。

そのせいか未だに愛着があるらしく、他の同じくらいの大きさのオモチャには目もくれないのに
このヒツジのみ必ず棚から落としたり、暇な時はふがふが言いながらくわえて持って来たりします。
(朝起きると置いたのと違う所に移動している)


寝ぼけているので頭に乗せてみました。


おでこのカーブにピッタリフィット。


何ともシュールな・・・

ちょっと下から見たら大銀杏みたくなってましたw
そのうち我に返ったらしく振りほどいてダッシュで逃げて行ったのだった。




被り物は全くダメな猫ども。

やっぱりハロウィンとかは我が家にはナイな・・・
コレくらいです。


あえて3年越しに言う。
・・・オレンジ色ですが何か?
"美人姉妹"(笑)
夜‥‥

写真を撮ろうと思ったらいつものごとくこの態度。


ちなみに視線の先には特に何かある訳ではない。


レンズは 見ない。
ただ、それだけ。


そう‥‥ 意地でも!!



それにしてもなんというわかりやすいイライラメーター。

過去には『美人姉妹の姉』と呼ばれた時代もあったはずなのだが‥‥
頬にシリコン入れてなくてもそこまで悪い顔が出来るってどうなんだろ。

女子なのに(=ω=;)









なんか最近またカメラの調子が芳しくないんですよね‥‥
購入してから3年半、もう限界か!? (。-ω-。;)
東京都・K邸
えっと、すっかり8月ですね‥‥

先日、祖母の一周忌ということもあり、ちょっと実家に帰ってました。
東京は死ぬ程暑いので、実家(田舎)なら少しはマシかと思ったのですが、
滞在していたのはクーラーの無い祖母の家。暑さ的には全く変わりありませんでした(+ω+;`q)

そして普段と全く変わりがなかったといえば我が家の猫達。
ダンナに聞く所によると、すみれは最初寂しそうに見えたものの
一時間くらいでそれも忘れ、ずっと窓の外を監視していたらしい。
こはるに関しては言わずもがな‥‥

え、お迎え?
なにそれおいしいの?





先月掃除機を新調した我が家。
もちろん猫達は本体よりも箱にしか興味がありません。

まずは最初にすみれがひとしきり点検、そして終了。
今度はこはるの番です。

        うむ、耐震強度は大丈夫そうだな


すみれが飽きたのを見計らい、まずはさりげなく強度を確かめ


一人になった所で慎重にチェック開始。

とりあず体重をかけてみる。
眼差しが超真剣です。


どうやら正面のフタが非常に気になる模様。


そのままよたよたと二足歩行。
手押し車のようにズルズルと前に移動する段ボール‥‥

※例のごとく隠し撮りのため笑う事が出来ない


イヤ、ダレも居ませんてば(´-ω-`)
潜水艦じゃないんだから。

                ‥‥飽きた。

だ そ う で す。






しかし、捨ててしまうには惜しいこの前衛的なデザイナーズハウス。
未練がましくいつもの寝床(冷え冷えボード)の上に設置してみました。



どうやら屋根的には気に入ったらしく、ここで惰眠をむさぼるのが毎日の日課になっています。

ただ飼い主の意図とは裏腹に、沢山開いている横の窓から顔を出して覗く、とか
そういった猫的な愛らしい姿は現在に至るまで一度も目撃した事がありません。
足のお行儀が良いのは女子として結構な事なんですがね‥‥
フォトジェニックへの道
ごぶさ‥‥(以下略)





少し前の記事でこはるが写真嫌いという事を書いたのですが
先日、あまりにも露骨な写真が撮れたのでUPしたいと思います。



毎回カメラを構えると決まって顔を背けるか写りづらい場所に移動してしまうこはる。
あの記事以降も『普通の写真』がなかなか撮れません。

どうやら彼女的に現在撮影許可を出せるシチュエーションは
先日設置した 脱走防止柵 の落下防止用ロープと格闘中     

何かに夢中になっている時か



ウトウトしている時だけに限定、ということらしい。




まあ被写体が動物だから、自然な姿の方がいいのかもしれないけど
さすがにそればっかりだと飼い主的にはやっぱり寂しい‥‥
たまにはちゃんとこっちを向いたお澄まし顔もゲットしたい!


ということで、色々試行錯誤した結果
『家具の間に無理矢理身体をねじ込んで隠れつつ、棚の隙間からレンズを向ける』
というドッキリめいた方法を考え出しました。
「なんでそんなとこから覗いてんの?」と思わせて目線をもらおうという作戦です。



そんな苦肉の策で撮影に成功した唯一の黒目がちの写真がコレ。

IMGP0101.JPG


『可愛い顔』というよりか
「何やってんだか‥‥」という呆れ顔のような気もしますがまあ気にしない。

しかしこの写真、何となく ”狩○英○” に似ているような気がするのは私だけだろうか‥‥  イヤーーーー!!!





まあ微妙な写りではあったけれど、
目線をもらえた(?)のがあまりに嬉しく調子に乗って撮りまくったら
IMGP0121.jpg


案の定ものすごくウザがられ
すぐに手の届かない場所に移動してしまいました。
IMGP0133.jpg

で、この顔ですよ。


てか 同じ家に居るのに隠しカメラじゃないと撮れないってどういうことやねん
変な風に身体をねじったから背中がつったよ。




ちなみにすみれの場合はそこまで嫌がらず
IMGP0156.jpg

目線はくれなくても常時そこそこのアイドル顔。

うーん やっぱ得してんなー
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析